このサイトのテーマはSWELLです 詳しく見てみる

【転職】面接で気をつける注意点 5 点♪

Interview-notes

40代の時、転職するためにずいぶん沢山の面接に行きました。

「貴殿の今後の活躍をお祈り申し上げます。」
なんて、お祈りメールはたくさん頂きました(-“-)

今の会社では反対に面接する側になりました。
不採用だった時のことは、今ならダメなところも分かります。
今から転職する方に少しでも役に立てたら良いと思い、注意点を書いてみます。

目次

問い合わせは重要!

応募しようと思って、問い合わせをすると思いますが、もう面接は始まっています。

メールの場合

名前と連絡先を明記して、正しい日本語で書きましょう。
履歴書を添付する場合は、必ずパスワードを設定しましょう。
指示がある場合は、ミスのないように設定して、送信前に必ず見直します。

電話の場合

まず問い合わせ先を間違えないようにしましょう。
うちの会社はお客様専用のフリーダイヤルがあるのですが、そこにかけてきた時点で印象は悪いです。
きちんと記載されている電話番号にかけましょう。

また、お昼休みなどにかけると、担当者が席を外している場合があります。
再度かけることになるので、時間帯には気を使いましょう。

電話は顔が見えないので、言葉遣いに気をつけるのはもちろんのこと、語尾あげや馴れ馴れしい話し方はNGです。

問い合わせの段階でマイナス印象の方は、だいたい面接でも良くない事が多いです。


履歴書でアピール!

自分の強みをアピールをしましょう。

書ける資格は業種に関係なくても書きます。

私は職務経歴書をWordで作成して持参していました。
そのほうが、経歴について話すのがスムーズになります。

趣味は注意が必要です。
話題は広がりますが、旅行などと書くとしょっちゅう長期休暇を取るのかな、と思われる可能性があります。

職歴の空白期間は説明できるようにしておきましょう。
勉強していたなら、資格などが取れていなくてもアピールします。
職歴が多いと、すぐに辞めるのでは?と思われるので、スキルアップのためなど
きちんとした理由があると説明しましょう。

時間厳守!

遅刻は論外です。
ギリギリも印象が悪いです。

どうしても遅れそうなら早目に連絡しましょう。
早すぎるのもダメです。
面接する人は忙しいので準備ができていないことがあります。
10分前に到着しましょう。

服装で決まる!

業種にもよりますが、リクルートスーツまではいかなくてもいいですが、ビジネスマナーにあった服装で行きましょう。
たまにジーンズで来られる方がいますが、イメージは悪いです。
清潔感のある服装で行きましょう。
シワやシミはだらしなく見えます。
汗をダラダラかいて行くのも、不潔に見えるので、余裕を持って行きましょう。

話し方や態度が一番重要!

明るくハキハキと話しましょう。
小さな声でボソボソと話すと暗い印象になります。
タメ口や馴れ馴れしく話すのはNGです。
ソワソワして髪をやたらと触るとか、荷物をゴソゴソとか態度や仕草も注意しましょう。
目がキョロキョロとしていたり、挙動不審に思われるような態度はマイナス印象です。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

いろいろ注意すべき点はありますが、
要は面接する人は、
「長く勤めてくれるか?」
「他の社員と揉めそうではないか?」
「最低限のスキルはあるか?」
と心配しているわけです。

結局は人となりを短時間で見極めるわけですから、
普段の人間関係と同じ事です。
常識的にふるまえば、心配する事はありません。
緊張はしますが、こちらから断る事もあるので、
自信を持って面接に挑みましょう♪

ぽちっと応援してくれたら喜ぶよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

画像の説明

既婚女性向け

このサイトのサーバー

  • 安心
  • 快適
  • 高性能サーバー
月額990円(税込)から高コストパフォーマンス

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シングル母
成人した息子と娘と3人暮らし
50代から仕事も家も家事も暮らしをダウンサイジングする工夫を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる