【シンプル】定番の手帳を厳選10選♪

この記事は約17分で読めます。

こんにちは、よしです。
そろそろ、来年の手帳を探す季節がやってきました。
毎年、手帳選びに迷っています。
使いやすいシンプルなお気に入りの定番を決めたら、
毎年悩まなくてもいいですよね。

それで、定番の手帳を厳選してみました。

人気の定番の手帳10選


by Rakuten.co.jp

モレスキン

毎年一番買おうか悩むモレスキン。
ゴッホやピカソが愛用していたフランス生まれの手帳。
ハードカバーでゴムバンドが付いていて、糸綴じがとても良い味わいになっています。

高橋書店 高橋手帳

高橋書店の手帳。
シリーズも多く、クレールは定番のチェックです。
torinco(トリンコ)シリーズはプレーンなデザインでいつも手に取ってしまいます。
老舗の贅沢なシンプルさです。

能率 NOLTY 手帳



日本能率協会マネジメントセンターの手帳。
種類も豊富で、サイズとレイアウトで選びます。
使いやすくて何年か買い続けていました。

コクヨ ジブン手帳Biz

ジブン手帳のビジネスタイプ。
ペンホルダー付きのカバーで便利です。
「DIARY」と「LIFE」と「IDEA」の3分冊スタイルになっています。
大事な情報は来年へ持ち越せます。

ほぼ日手帳

「ほぼ日手帳」のウィークリー版です。
毎日更新されている「ほぼ日刊イトイ新聞」から選んだ言葉が、
ページの下に1日1つ書かれています。


ダイゴー

月間スケジュールが罫線で把握しやすくなっています。
左半分が1週間のスケジュール、右半分が横罫のメモスペースで、
1週間の予定とメモを見開きで管理しやすくなっています。


マークス

EDiT(エディット)は
2012年日本文具大賞デザイン部門グランプリを受賞したマークスのスケジュール帳です。
手帳+仕事ノート、2つの機能を備えた週間ノート手帳です。


クオバディス

半世紀前、フランス人に発明と呼ばれたそうです。
縦型見開き1週間の手帳はクオバディスが考案しました。
さすが、フォントもゴシック体で海外の手帳といった雰囲気です。
罫線のノートが別冊で付いています。

永岡書店手帳

行動科学マネジメント」のメソッドを盛り込んだ、目標達成をサポートするビジネス手帳。
前ページ方眼で書きやすい。

ハイタイド

丸ゴムがシンプルでかわいいです。
1日当たりのスペースが大きいので、1日のスケジュールが管理しやすいです。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。
やはり、定番は長く愛されるだけあって、デザインもシンプルで飽きないものが多いです。
ただ、価格は高めです。
それから、大きさも大切ですね。
会議などで使うことが多い場合は、大きめのほうが書きやすいですが、
持ち歩くのは、少し邪魔になるかもしれません。
お気に入りを決めたら定番なので、毎年悩まなくてよくなります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプルライフランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました