【エコ】バスマットを捨てて珪藻土マットに変える♪

この記事は約8分で読めます。

こんにちは。よしです。
少しでも、洗濯物を減らす事を日々考えて
家事を効率良くしようと、乾きにくいバスマットを捨てることにしました。
代わりに珪藻土マットを購入したんですが、洗濯が楽になりました。
エコにもなりますね。
珪藻土マットのメリットとデメリットを紹介します。

珪藻土とは

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。
珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残る。このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土である。多くの場合白亜紀以降の地層から産出される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

メリット3点

なんといっても洗濯しなくていい!

とにかく、少しでも洗濯物を減らしたい私の要望に応えてくれる。

よし
よし

バスマットは特に乾きにくいです。

すぐ乾く!

布製のバスマットは油断するとびちゃびちゃ感あり、不快感はあります。
マイクロファイバーのバスマットもなかなかの吸水力はありますが、
珪藻土マットの足形がすぐに消えていくのは感動です。

手入れが楽!

普段は立てておくだけでいいので、手入れが楽です。



デメリット3点

割れる!

置き場所に注意しないと倒れたりして、割れてしまいます。
そして、引っかかると割と痛いです。

石鹸で洗えない!

洗濯しなくていいのが一番なのですが、石鹸でゴシゴシ洗いたくなってしまいます。
しかし、石鹸で洗うのはNGです。
汚れは、水で洗い流して太陽の下で乾かすとときれいになります。
シミなどは布に薄めた漂白剤をしみこませて軽くたたいて落とします。

お手入れが必要!

普段は立てておくだけでいいのですが、吸水力が落ちてきます。
目に見えない孔が詰まってくると吸水力が落ちてきます。
紙やすりで削ると復活します。

珪藻土バスマット用 サンドペーパー 紙やすり 耐水ペーパー 約11x9cm(2枚入り)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。
割れてしまうというデメリットもありますが、
洗濯ものを減らすという最大のメリットがあります。
また、珪藻土の自然な感じが私は好きです。
なるべく、環境や体に優しい物を使いたいと思っていますので、
やはりおすすめと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプルライフランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました