このサイトのテーマはSWELLです 詳しく見てみる

【自転車通勤】雨にも負けずバッチリ雨対策

この記事はこんな方におすすめ
  • 雨の日でも自転車で通勤している
  • 雨に濡れるのが憂うつ
  • 雨対策を万全にしたい

雨の日は歩けばいいやん

いつもより通勤に時間がかかってしまうのは嫌!

自転車通勤をしていて困るのが雨の日です。

服や靴が濡れてしまうと、仕事をしていても1日中憂うつになってしまいます。

雨の日でも工夫をして快適に過ごせるように、バッチリ雨対策をしています。

目次

自転車通勤の雨対策グッズ

rain-measures

レインコート

Raincoat
長年愛用のレインコート

自転車に乗って傘をさしている方がいますが、本当に危険です。

自転車通勤している私にとっては、レインコートは必須アイテム。

ズボンタイプは会社についてからめんどくさいので履きません。

こだわり
長さ

一番ぬれやすいのがひざあたり

ひざ下までの長さは必ず必要です。

こだわり
重み

軽量の物を試しましたが、自転車をこいでるうちにめくれ上がってきます。

ある程度の重みがあると上がってきません。

こだわり
フード

フードは一番大切で風で脱げてしまうと意味がありません。

ひもで絞るタイプはめんどくさいので、あごのあたりでボタンやファスナーなど

しっかり留められるタイプがおすすめ。

おすすめのレインコートはこちら

雨対策①レインブーツ

Rain-boots
何年も前にABCマートで購入

靴や靴下が濡れると一日不快です。

レインブーツは必ず履きます。

パンツスタイルの日もあるので、裾がしっかり入るゆとりのあるデザインを選びます。

履き替える靴は会社に置いておきましょう

雨対策②サンバイザー

フードにツバが付いているタイプがありますが、たたむときに邪魔になります。

雨の日でもサンバイザーが便利です。

Sun-visor
派手なサンバイザーは楽天で購入

雨対策③手袋

gloves
防水スプレーをしている手袋

手が濡れると身体が冷えてしまいます。

手が濡れると雨を実感。

防水タイプの手袋も必須アイテムです。

雨対策④カゴカバー

Basket-cover
自転車購入時に特典で購入

カバンが濡れるのは本当に嫌です。

中に書類が入っていることもあるので、濡らしたくありません。

カゴカバーをつけると安心です。

雨対策⑤防水スプレー

Waterproof-spray
防水スプレー

手袋やカゴカバーに防水スプレーをすると安心です。

シミにならないか確認が必要です。

スプレーをする時に気分が悪くなりやすいので、必ず屋外でスプレーをします。

雨の日の事故防止

rain-measures

自転車の整備

以前にタイヤがつるつるになっていて
雨の日に人が飛び出してきて
急ブレーキをかけたら
スリップして転倒してしまい
顔とひざにけがをしてしまいました。

以前にタイヤがつるつるになっていたけどそのまま放置。

雨の日に人が飛び出してきて、急ブレーキをかけたらスリップして転倒して、顔とひざにけがをしてしまいました。

日ごろから自転車の点検をして整備しておくことが大切です。

  • ブレーキ
  • タイヤ
  • 車体のゆがみ

交通ルールを守る

当たり前のことですが、交通ルールは守ります。

信号無視やスピードの出しすぎや走ってはいけない場所を走るなどは当然だめです。

雨の日は特に大惨事になるのでやめましょう。

安全な道を走る

普段は近道で路地などを走っていても、雨の日はなるべく大きな道を走る。

歩いている人も傘などで、周りが見にくくなっています。

車も視界が悪いので、自転車を見落としがちです。

見通しの良い道を走りましょう。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

雨の日も快適に自転車通勤するためにグッズを紹介しました。

  • レインコート
  • レインブーツ
  • サンバイザー
  • 手袋
  • 防水スプレー

雨の日の自転車通勤が少しでも快適になれば嬉しいです。

レインコートはこだわりたい

\ぽちっと応援お願いします/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

画像の説明

日焼け対策も大切です

サイクリングが楽しい

\このサイトのテーマです/

  • おしゃれなサイトが簡単に作れる
  • ブロックエディター対応が嬉しい
  • 他テーマからの移行も簡単
記事を書くのが楽しくなる!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シングル母
成人した息子と娘と3人暮らし
50代から仕事も家も家事も暮らしをダウンサイジングする工夫を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる