このサイトのテーマはSWELLです 詳しく見てみる

忙しい時こそリラックスする工夫をしよう♪

Relax-busy
この記事はこんな方におすすめ
  • 忙しいが口癖になってきた
  • 余裕がなくなってきた
  • リラックスしたい

仕事に家事に忙しく頑張る毎日は、充実はしているけど疲れますよね。

  • 仕事でミスをしたり
  • 体調が悪くなったり
  • 家族に八つ当たりしたり

余裕がなくなっているね

忙しい時こそリラックスしたい

目次

忙しい時は家事を簡単にして時間を作る

食事作りは簡単にする

忙しくて時間がないと食事がおろそかになりがち。

時間のある時に簡単に食事が出来る工夫をしておきます。

忙しい時こそしっかりとご飯は食べて体力と気力を上げていきたいですね。

栄養バランスも大切ですが、好きなものを食べると楽しくなります。

食事作りをする時間も気力もない

  • お惣菜を買う
  • 外食で済ませる
  • 出前を取る
  • 作り置きしておく
  • 冷凍総菜を常備しておく
  • ズボラ飯レシピを何パターンか持っておく
【a】Uber Eats  フード注文

ファミチキ炊き込みご飯はこちらから

作り置き容器はこちらから

掃除は効率よくする

忙しい時に一番後回しになるのが掃除。

普段から物を減らして掃除をしやすくしておくと楽です。

わざわざ掃除の時間を作らずついで掃除をするようにします。

  • 歯磨きしている時に洗面台を掃除する
  • お風呂に入った時に掃除する
  • 食器を洗った時にシンクを掃除する
  • コンロやレンジを使ったら熱いうちに拭いておく

洗濯するものを減らす

忙しくても洗濯はしないとたまってしまいます。

洗濯するものを減らすのが一番です。

  • バスマット
  • キッチンマット
  • トイレマット
  • バスタオル

バスマットをやめる工夫はこちらから

バスタオルをやめる工夫はこちらから

忙しい時こそリラックス

寝るのが一番

疲れた時はぐっすり寝るのが一番です。

心身ともに疲れを回復させてくれます。

家事は効率よくいい加減にして時間を作り出し、ひたすら寝ます。

ゆっくり入浴する

忙しいとついシャワーだけで済ませてしまいがちです。

ゆっくりと湯船につかってのんびりすると、頭も体の疲れも取れていきます。

照明を暗めにしてアロマキャンドルを使ってリラックスする空間にしてみる。

「愛の不時着」の入浴には必須アイテム

好きなドラマを見る

忙しい時こそ好きなドラマや映画を見て涙活(るいかつ)しましょう。

泣くことは笑うよりストレス解消になります。

悲しい涙より感動の涙が効果的なので意識して感動の作品を見る。

涙を流すことにより、人間の自律神経は緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、リラックスや安静を促す副交感神経が優位な状態に切り替わる。涙活は、この仕組みを利用したストレス解消法とされている。ストレス解消に効果があるのは、悲しみや感動などによる情動の涙。なお目を潤すための基礎分泌の涙や、タマネギを切った際に出る角膜保護の涙には、ストレス解消効果はないとされる。 こうした涙の効果に注目が集まり、泣ける映画の鑑賞や朗読を聞いて意識的に涙を流す涙活イベントも各地で開催され、涙活をともにした仲間を涙友という。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キュンキュンするのもよいですね

何回見ても泣ける

好きな音楽を聴く

リラックス効果のあるセラピーミュージックやヒーリングミュージックを聴くのもいいですが、

お気に入りアーティストのテンションが上がる曲を聴くと気持ちが上がってきますよね。

推しならサイコー

三代目 J SOUL BROTHERS で盛り上がる

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

忙しい時は家事を簡単にしてリラックスする時間を作ります。

  • 寝るのが一番
  • ゆっくり入浴する
  • 好きなドラマを見る
  • 好きな音楽を聴く

明日からまた頑張れるヒントになれば嬉しいです。

ぽちっと応援してくれたら喜ぶよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

画像の説明

【a】Uber Eats  フード注文

このサイトのサーバー

  • 安心
  • 快適
  • 高性能サーバー
月額990円(税込)から高コストパフォーマンス

このサイトのテーマ

  • サイトをおしゃれに出来る
  • 他テーマからの移行も簡単
  • ブロックエディター完全対応
シンプルなのに高機能なWordPressテーマ

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シングル母
成人した息子と娘と3人暮らし
50代から仕事も家も家事も暮らしをダウンサイジングする工夫を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる